kyoei

ビンテージウォッチやアンティークウォッチの修理

ビンテージウォッチやアンティークウォッチの修理では、破損した部品を技術者が別作をおこない、分解掃除をする場合もあります。 製造されてから40~50年以上経過したムーブメントの部品が残っている事の方が珍しく入手困難な場合も

腕時計の磁気による影響について

腕時計時期による影響

腕時計は磁気に影響を受けて遅れや進み、止まりなどの原因になる事も最近は特に増えてきてます。 お客様の時計をチェックしてみるとかなりの確率で少なからず残留磁気を検出します。 スマートフォン、ノートPC、タブレットなど現代の

ビンテージ・アンティークウォッチ

ビンテージ・アンティークウォッチ

オメガの自動巻Cal.552の分解掃除時の画像です。 1958年~1967年に製造された全回転両方向巻上げの24石ムーブメント(毎時19,800振動)です。 50年以上前に製造された時計ですが、ムーブメントの状態もよく、

修理技術者の工具-2

技術レベルが上がると、複雑時計や高級時計の分解掃除を行うにあたり様々な専用工具を技術者は考えて作製を行います。 一般的に販売されている工具を購入するのも良いですが、販売されていない治具も多くあり、 その中でも特殊なものは

時計のメンテンナンスについて

一般的な機械式時計のテンワは1秒間に5回から10回の振動をします。1時間に18,000回~36,000回の振動を行います。 いわゆる”振動数”と一般的に説明されており精度に影響されるともよくお聞きになると思います。 例え

電池の漏液について

電池漏液

良く『電池の漏液/電池の液漏れにより分解掃除が必要です。』『電池の液が漏れています。』等々を耳にした事がございませんか? 本日はクォーツ時計の止まりの原因・分解掃除が必要となってしまう原因の1つである電池の漏液/液漏れに

修理技術者の工具-1

時計修理技術者の工具も時計と同様にメンテナンスを常に行いながら修理技術者は作業を行います。 “良い工具でないと良い仕事ができない” 私も入社当時に先輩社員より教わりました。 写真は技術者がよく使用

クォーツウォッチの分解掃除について

クォーツウォッチの分解掃除

機械式の時計=自動巻、手巻 では分解掃除が必要だと認識されている方も多いですが、クォーツ時計では必要ないと認識している方も多いのではないでしょうか。 時間を針で表示している時計には必ず機械の中に歯車が存在します。歯車が存